ライオンvsピジョン 子育てに欠かせない会社の社員待遇は

公開日: 更新日:

 電車やバスでベビーカーを押すママさんたちをよく見かけます。いつか来た道、これから行く道として邪魔がらず、ちょっとした応援を心がけたいものです。今回の損得は子育てに関係する商品も扱う「ライオン」と「ピジョン」の社員待遇を比較してみます。

 ライオンは1891年創業。東京・墨田区に本社を置く歯ブラシ首位の会社です。薬用歯磨き「クリニカ」「システマ」が有名です。

 対するピジョンは東京・中央区に本社を置く1949年創業の会社です。育児用品では国内トップ。48年に国内初のキャップ式広口哺乳器を販売し、ベビー用品一般を扱うメーカーに発展してきました。

 前期の連結売上高はライオンが4104億円、ピジョンが1025億円。経常利益も291億円と201億円で、ライオンが上回ります。有価証券報告書によると、社員の平均年収はライオンが742万円、ピジョンが500万円。年齢別の推定年収は、ピーク時の50歳でライオンが809万円、ピジョンが546万円となり、これもライオンが勝ります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る