専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

公開日: 更新日:

 年末年始に帰省した際、実家が抱える問題について考えさせられたサラリーマンは多いのではないか。年老いた両親を前に、これから起こるであろう事態を想像して気が重くなった――。そんな人は専門家のアドバイスに耳を傾けるといい。

  ◇  ◇  ◇

 田舎がある人が必ず直面するのが実家の土地と家屋の問題だ。両親が亡くなったり施設に入ったりするとだれも住まなくなるのであれば、「負の遺産」になってしまう恐れは高い。

「不動産にはそれぞれ個性があり、考えられる対策も環境によって違います。教科書通りのやり方はないのですが、考え方としては①売る②活用する③もらってもらう――の3つでしょうね」(住宅ジャーナリストの榊淳司氏)

 売れるような物件であれば、家具などの荷物を運び出して一日も早く売却するのがベストだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  7. 7

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  8. 8

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  9. 9

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  10. 10

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る