シェア市場活況 マイカーのオーナー登録で年12万円を稼ぐ

公開日: 更新日:

 シェアリングサービスを活用した副業が活況だ。シェアリングサービスといえば、民泊やシェア自転車などが有名だが、さまざまなシェアビジネスが生まれていて、市場は急拡大している。

 これに合わせて、個人が副収入を得るケースが増えている。オススメは「個人間カーシェア」だ。これは、マイカーのオーナーとその車を借りたい人が個人間で貸し借り(シェア)する仕組み。普段は車庫で眠っているマイカーに、お金を稼いでもらおう。

 サービスを提供している仲介最大手が、DeNAの「Anyca」で、NTTドコモも「dカーシェア」を手掛ける。

「Anyca」にオーナー登録している、東京在住の田中裕二氏(仮名=40代)のマイカーはトヨタの「プリウス」だ。

「年式が新しいので、1日約5000円のシェア料金で貸し出ししています。仲介会社には1割の手数料を支払います。月の収入は3万円前後ですが、車の維持費は諸経費含めて月2万円強ですから、年間約12万円の儲け。家計面から見ても助かりますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る