人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

公開日: 更新日:

 自家用車の所有は、人口の減少とともに減る一方。特に鉄道やバスといった公共交通網が発達している都市部では、その傾向が顕著だ。車両本体はもとより、日々のガソリンから駐車場、自動車税、保険、オイル交換、メンテナンスなど、金食い虫の代表である自家用車は、家計から真っ先にリストラされる代表選手だろう。

 その代わりに増えているのが、「カーシェアリング」だ。街中の駐車場に停めてある車をスマホなどで予約でき、人を介すことなく借りられ、従来のレンタカーより安い。短時間でも気軽に借りられるのも人気の秘訣だ。

 現在、拠点数ナンバー1のタイムズカーシェア(パーク24)、車種が最も豊富なカレコ(三井不動産リアルティ)、最古参のオリックスカーシェア(オリックス)を中心に、拠点は全国に拡大している。

 最安だと80円/10分(カレコの平日プラン)から借りられる。短時間の利用がお得なカレコの場合、6時間でなんと2800円(コンパクト・ミドルクラスの車のみ、ガソリン代込み、平日プラン)。仮に、東京から沼津(高速利用で所要時間約2時間)にお寿司を食べに行っても、余裕で帰ってこられる。3~4人で利用すれば、電車賃よりも安い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る