中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

超株安を招いたトランプの「おまえはクビだ!」経済制裁

公開日: 更新日:

 先週後半、NYダウが暴落し、その余波で日経平均株価も日銀のETF買い出動にもかかわらず暴落した。トランプ米大統領が連邦準備制度理事会(FRB)に対して、執拗に大幅利下げを要請したが、FRBは小幅な利下げにとどまり、投資家の失望売りを誘った。さらにトランプ氏は、中国に対し9月1日から追加関税第4弾を発動すると述べ、株価が続落。いずれも震源地はトランプ氏だった。

 トランプ氏を一躍有名にしたのは、NBCのリアリティー番組「アプレンティス」で、トランプ氏が裁判官となり、挑戦者に対して「おまえはクビだ!」を連発、これが視聴者に受けて、高視聴率番組となり、一躍スターにのし上がった。そして、大統領に就任するやアプレンティスのように国務長官、国防長官、報道官ら政府関係者を「おまえはクビだ!」とばかりに次々と交代させている。

 いまでは、さらにエスカレートし、メキシコ、カナダ、イラン、中国、ロシア、欧州連合(EU)などに対して、「おまえはクビだ!」とばかりに経済制裁を連発、政治ショーを繰り広げているように見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  6. 6

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る