小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

火付け役は楽天社長 ドラッグストア大再編“急展開”のウラ

公開日: 更新日:

 大手ドラッグストアのココカラファインを巡って、マツモトキヨシホールディングスとスギホールディングスが争ったさや当て合戦は、マツモトキヨシに軍配が上がった。

 マツモトキヨシとココカラファインが統合すれば、単純合算で売上高1兆円、3000店舗を超す「メガドラッグ」が誕生することになる。もちろん業界トップに躍り出る。

 しかし、両社の統合はドラッグストア業界の再編の入り口に過ぎないというのが関係者の共通した見方だ。「今回のさや当て合戦の1年前には、競い合ったマツモトキヨシとスギの当事者同士が統合話を進めていました。これが破局したので、次に両社が考えたのが同じココカラとの統合だったわけです。さらに、ココカラにはツルハやウエルシアなどからも“一緒にならないか”と言い寄られていました」(関係者)という。

 ドラッグストア業界では「今日の敵は明日の友」、何でもありの「婚活」が水面下で展開されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る