外交関係は冷え切るのに…韓国に日本人が大挙している理由

公開日: 更新日:

 冷え切った日韓関係が続いているが、リピーターを中心に韓国を訪れる日本人が急増している。

 韓国観光公社によると、今年1月から6月まで韓国を訪れた日本人は前年同月比で20~35%増と高水準だった。安倍首相が対韓輸出規制を発表した7月も同19.2%増と好調を維持。「足元も減っている印象はありません。引き続き堅調に推移するのではないか」(JTB総合研究所の担当者)という。

 実際、ソウルには日本人観光客があふれている。なぜ今、日本人が大挙して韓国を訪れているのか――。

 ひとつは、空前のウォン安(円高)だ。2015年と比べ現在、20%もウォン安が進行している。ソウルで1万円を両替すると、15年では9枚の1万ウォン札だったが、今は11枚も返ってくる。

 加えて、ここにきて、日本とソウルを結ぶ航空券が大幅に値下がりしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る