関電次期社長は内部昇格 候補は原子力とのつながり薄い6人

公開日: 更新日:

 関西電力が金品受領問題で辞任する岩根茂樹社長の後任に、副社長ら生え抜きの社内取締役を昇格させる方針であることが9日、分かった。同社関係者が明らかにした。取締役人事を審議する「人事・報酬等諮問委員会」を8日開き、委員に候補案を提示した。

 関係者によると、後任候補はいずれも副社長の森本孝氏(64)、彌園豊一氏(63)、稲田浩二氏(59)、松村孝夫氏(64)、土井義宏氏(65)と、常務執行役員の島本恭次氏(61)の6人。候補の6人は、関電が社内報告書で公表した金品受領者のリストには含まれておらず、いずれも原子力とつながりが薄い企画や営業畑の役員。

 この問題をめぐっては、関電幹部らが福井県高浜町の元助役(故人)から多額の金品を受け取り、会長を務めていた八木誠氏が引責辞任したほか、岩根社長も辞任することが決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  9. 9

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る