中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

新型コロナウイルスに早めの花粉症…マスク関連株が狙い目

公開日: 更新日:

 中国全土における新型コロナウイルス肺炎)の死亡者数は、2002年11月に広東省で発症したSARSを上回った。SARSは世界保健機関(WHO)が03年6月18日に事実上の制圧宣言するまで、世界規模で感染者数8000人超、死者数約800人だった。WHOは7月5日に制圧宣言。この間、8カ月を要した。今回の新型肺炎は、いまだ感染源が不明で、ワクチン開発は早くても6月ごろとみられている。

 中国・武漢市や周辺には150社超の日本企業が進出しているとされる。外務省の「海外在留邦人数調査統計」(2019年版)によれば、18年10月1日時点で、中国進出の日系企業(拠点)数は3万3050と進出国別で1位(2位は米国8929拠点)、在留邦人数では中国が12万76人で2位(1位は米国44万6925人)である。

 ところで、1月に咲かない我が家のバラ。なのに今年は一斉に咲いている。コートが不要のような陽気の地球温暖化で、バラも春と勘違いしたのだろうか。北米や豪州での大規模な山火事ではないが、自然界のいたるところで変調が起きている。私見だが、多分、新型コロナウイルスも地球温暖化の影響を受けて突然変異し、動物から人に感染したのかも知れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る