高級ホテル並みの居住空間「ドームハウス」に大流行の予感

公開日: 更新日:

 3430万人といわれる今年の訪日外国人旅行客数(JTB「2020年の旅行動向の見通し」から)は、新型コロナウイルスの影響で大幅減が避けられないが、観光が日本の数少ない有望産業のひとつであることに変わりないだろう。ここ数年で従来のホテルや旅館以外に宿泊施設は多様化。民泊のほか、トレーラーハウスや1~2人向けのタイニーハウスも人気だ。

「屋外での食事やアクティビティー、宿泊が楽しめるグランピングがブームですが、ドームハウスやモンゴルの遊牧民が暮らす移動式のゲルなら、建築不要で初期費用をそれほどかけずに開業できるので、こうした宿泊事業に乗り出す会社も最近では増えています」(旅行ジャーナリスト)

 ドームハウスに宿泊した40代男性によると、一見アウトドアのテントのようだが、実際は高級ホテルの客室並みに快適だったという。天井が高く中は広々としていて、じゅうたん敷きの床に大型ベッドのほか、トイレや洗面所、シャワー室、クローゼット、冷蔵庫、冷暖房まで完備されていたという。ドームハウスを取り扱うHISANAGA代表取締役の久永昌一郎さんに話を聞いた。

「3年前からポーランドのエフドームの正規輸入代理店をしていますが、これまで70~80棟ほど輸入しています。近年は旅館や式場の運営会社のほか、遊休地を生かして宿泊事業を行いたいという地主の方や商社からの引き合いが増えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔