たかひら友実
著者のコラム一覧
たかひら友実株式評論家

日系証券出身。英国のヘッジファンドのアドバイザーを長年務め、にっこり笑ってMake moneyを心掛けている。「日刊ゲンダイ」で「稼げる隠れ銘柄はまだある!」など株のコラムを20年以上に渡って連載。

底値で買う銘柄を研究する…「パウダーテック」は狙い目

公開日: 更新日:

 コロナ騒動の落ち着きを予想するのは難しく、しかも直前まで米国株式市場が史上最高値を更新していたこともあり、東京株式市場の底値水準を予測することは難しい。

 しかし、国内の新型肺炎の死者数は一桁。インフルエンザの年間死者数は約3000人だ。米国のインフルエンザ死亡数は1.6万人と伝えられ、さらには毎日平均3500人前後が亡くなられていることを考えると、新型コロナがパニックに陥るほど怖い病気なのか考える必要がある。

 株価は戻り始めると大きな反発がある可能性もあり、今から投資銘柄候補を考えては? ただし、上海市場の反騰は、意図的な資金投入の可能性があり要注意。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る