中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

株価暴落で含み損拡大 年度末に向け「日銀vs市場」攻防戦

公開日: 更新日:

 先週、IT企業の社長と会うために銀座に行くと、目抜き通りに中国人を見かけないのは当然だが、日本人も少なく、「消費不況」の足音が聞こえてきた。

 今月下旬から小売業や飲食業の決算発表が本格化する。多くの企業の2020年2月期などは計画未達と推察、同時に公表される各社の次期事業計画は、新型コロナウイルスの感染終息時期が不明な状況下、どう反映させるのかの苦悶がうかがえよう。

 某企業から「定時株主総会招集のご通知」とは別に、新型コロナウイルスの感染拡大防止のハガキが届き「ご来場に際しては、マスク着用にご協力をお願いいたします」などとあった。インターネットでの議決権行使の方法もありと記載されていたが、資本主義の根幹たる株主総会に出席する個人投資家は激減するだろうか。

 在中米国商工会議所が2月27日に発表した在中米国企業の新型コロナウイルスの影響調査リポート(調査期間:2月17~20日)では、事業活動が正常化する時期を3月末までと回答した企業は全体の3割弱にとどまっていた。また、テレワークで55%の企業は生産性が下がったと答えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る