「出前館」吸収でソフトバンクがデリバリー市場を完全支配

公開日: 更新日:

 不要不急の外出自粛が要請されているなか、店内型飲食店の売り上げは激減し、営業時間の短縮や休業だけでなく、家賃や人件費負担からすでに廃業を余儀なくされた店も少なくない。

「飲食業界全体がボロボロですが、特に自己資金に乏しい居酒屋や経費利用の多い高級店などが真っ先に潰れていくでしょう。5~6月ごろには廃業するところがたくさん出てくると思います」(飲食店経営者)

 個人経営店の場合、従来の売り上げまで賄えないが、テークアウトやデリバリーでしのいでいるところも増えている。そんななか、国内フードデリバリー(食品宅配)のトップシェアを握る出前館が、筆頭株主のLINEに第三者割当増資を行い、LINEのフードデリバリー事業を出前館ブランドに統一することなどを発表。

「使い勝手が悪いといわれていた出前館のシステム改修、UX(ユーザーエクスペリエンス)改善への投資、利用者が8100万人以上いるLINEアプリからの流入などで、利用者数、利用頻度の増加が期待されています」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    コロナ禍で会社の業務が縮小 再雇用「更新なし」に大慌て

もっと見る