柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

新型コロナ禍を発想の転換で乗り切る「小売店との交渉術」

公開日: 更新日:

 私の周りでは飲食店や眼鏡屋など小売店の閉店が相次いでいます。大学の学食、社員食堂はランチ時間の営業を休止しているところもあります。弁当に直射日光が当たり、泣きそうな顔で販売している店員の姿も見られました。

 店を児童館のように開放し、「スタッフはいませんが、9時から16時まで自由にお使いください」と張り紙をしたり、食事の提供をやめて、「当面の間、コーヒー・紅茶だけ」と喫茶店に変更した店もあります。もともと飲食店が不足気味の東京・虎ノ門、神谷町などはランチ需要があるので、自家用車で弁当を売りに行く手もあるでしょう。

 買う側もお得になることがあります。困っている時はお互いさま。店側と交渉です。

①レストランでの注文時は、「余っている食材はありますか? 選んで欲しいメニューはありますか?」と聞いてみましょう。店側は気分を良くして、1人分を普段の1・5倍にしてくれることもあるでしょう。「テークアウトも安くなりますか?」と聞けばサービスしてくれるはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  5. 5

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  6. 6

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  7. 7

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

もっと見る