コロナ後の消費経済のカギは「サブスク」と「オンライン」

公開日: 更新日:

「アフターコロナの新しい日常生活は、これまでみられてきた消費行動の変化が、加速した状況から始まるのではないでしょうか」

 というのはニッセイ基礎研究所の久我尚子・生活研究部主任研究員だ。

 緊急事態宣言が39県で解除され、自粛休業していた商業施設が地方を中心に続々と営業再開されている。

■外食の宅配やネット教室が定着

 制限が解除されたことでコロナ後の消費経済はどう動くのか。久我氏が解説する。

「消費者はネット通販や外食の宅配、また電子書籍、英会話やヨガ教室、休校で子供たちのための通信教育関連など、オンラインを使ったサービスの需要が急増しています。これらは月額使い放題のサブスクリプションモデルと言えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る