日本調剤とクオール 高齢化社会支える調剤薬局大手を比較

公開日: 更新日:

 ドラッグストアのトップ争い(売上高)は熾烈を極めています。2018年度の首位はツルハHDで、19年度はウエルシアHDでした。15年度までは、マツモトキヨシHDが長きにわたってトップを維持していました。そのマツキヨは21年10月に、7位(19年度)のココカラファインと経営統合する予定で首位奪還を狙っています。

 ドラッグストアが成長路線を維持するのに注目しているのが調剤薬局です。調剤大手は医療機関とのつながりが密で、高齢社会に欠かせない存在です。ドラッグストアは調剤薬局と手を組み、いかに規模を拡大させていくかがテーマのひとつというわけです。今回は調剤大手「日本調剤」と「クオールHD」の社員待遇を比較してみます。

 日本調剤は売上高(19年度)でアインHDに次ぐ国内2位です。関東甲信越が地盤で、訪問サービスを強化中です。1980年に札幌市で創業。87年に東京支店を開設しました。2004年に東証2部上場、06年に同1部昇格です。調剤薬局の店舗数は650(20年3月末)となっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る