ソフトバンク元社員が5G情報を不正持ち出し 楽天の責任は

公開日: 更新日:

 5G、6G……をめぐる携帯電話会社の水面下の攻防は今後も激化しそうだ。

 ソフトバンクが持つ次世代通信規格「5G」などの技術情報を不正に持ち出したとして、警視庁は12日、不正競争防止法違反(営業秘密の複製領得)の疑いで、元社員で現在は楽天モバイルに勤める合場邦章容疑者(45)を逮捕した。

 警視庁によると、合場容疑者は2019年12月31日、自宅のパソコンからソフトバンクのサーバーに接続。同社の営業秘密に当たるネットワーク情報ファイルをメールで自分自身に送信し、不正に持ち出した疑い。持ち出された技術情報には5Gや無線基地局整備に関するものが含まれていたという。

 合場容疑者は04年にソフトバンク入社。技術職として働き、19年12月31日に退社した翌20年1月からは楽天モバイルで働いており、ソフトバンクは「楽天モバイルが当社営業秘密を既に何らかの形で利用している可能性が高いと認識している」と見ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る