佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

「ウェザーニューズ」を急成長させた創業者のモーレツ経営

公開日: 更新日:

 今野晴貴の「ブラック企業」(文春新書、2012年刊)にこの会社もノミネートされている。2008年に入社した男性が半年後に自殺するという事件が起きたという。過労やパワハラが原因だったが、気象予報士試験や就職試験を勝ち抜いても、さらに半年間の「予選」があるらしい。これが強烈なプレッシャーになる。この会社のホームページには「天気は眠らない」から、「ウェザーニューズは『24時間365日』あなたとともに」と書いてある。

 創業者の石橋博良には、米国企業のオーシャンルーツに転職し29歳で日本支社長になった頃に会った。私より2歳下で安宅産業(後に伊藤忠商事に吸収合併)に入ったが、そのヌルマ湯的空気にイヤ気がさして退社したというモーレツ経営者だった。当時すでに「社員は大変だろうな」と思ったが、自分がバリバリ働くトップは社員にもそれを要求する。

「実力本位」の会社を求めて外資系企業をまわり、オーシャンルーツに石橋が入ったころは社員は6人しかいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る