日本の自動車関連メーカーは加速するEV化で再編を迫られる

公開日: 更新日:

 電気自動車(EV)へのシフトが国内の自動車関連メーカーの再編につながるかもしれない。

 政府は2035年までの「脱ガソリン車」政策を掲げている。群馬県富岡市の部品メーカー幹部は、「これまで培ってきた日本の自動車産業の優位が失われる」とため息交じりだ。

 EVは、「車づくり」に必要な部品の数や種類がガソリン車と大きく異なる。ガソリン車では約3万点の部品が使用されるのに対し、電気モーターで走るEVはその半分以下。高度な製造技術が求められ、日本の製造業が強みを持つエンジンやマフラーなどは不要となる。

■米アップルやソニーも開発

 ガソリン車に比べ構造が単純なEVは、電機メーカーなど他業種からの参入も容易だ。米テスラが先行しているが、世界のIT企業も虎視眈々。米アップルや米アルファベット(傘下にグーグル)、中国の百度、台湾の鴻海精密工業もEV開発を進める。日本のソニーも試作車で公道実験をスタートさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る