ナイキに届かないアディダス 傘下のリーボック売却の要因

公開日: 更新日:

 スポーツ用品大手ドイツのアディダス(adidas)が業績不振のリーボック(Reebok)を売却することを先月17日に明らかにした。

 リーボックは日刊ゲンダイの取材に対し、「リーボックとアディダスはお互いに独立してこそ、成長の可能性をより一層実現できるという結論に至りました」とコメントした。

 ヨーロッパを拠点にサッカーなどに強いアディダスは2006年、リーボックを約30億ユーロ(約3800億円)で買収した。業界トップの米ナイキに追いつくためだ。北米を拠点としたリーボックはバスケットボールやフィットネスで強かった。

■80年代に飛躍

 そんなリーボックは、1982年にエアロビクスシューズの「フリースタイル」を発表。フィットネスブームに乗り、スーツに似合うスニーカーとして大ヒット。北米で1、2位を争うスポーツブランドにのしあがった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る