重道武司
著者のコラム一覧
重道武司経済ジャーナリスト

1957年鳥取県倉吉市生まれ。84年フジサンケイグループ傘下の経済紙「日本工業新聞」(現フジサンケイビジネスアイ)の記者となり、千葉支局を振出しに鉄鋼、自動車、総合電機、財界、金融、エネルギー(電力・石油・ガス)などの業界を担当。2000年外資系通信社に転じた後、02年からフリーに。得意分野は通信社時代を含めて在籍足掛け7年にも及んだ日銀記者クラブ時代に人脈を培った金融。自動車業界にも強い。

藤田観光が経営危機で決断 グループの象徴「太閤園」売却

公開日: 更新日:

「やむを得ず当資産を売却するという苦渋の決断を下すこととなりました」

 会社側が先週末に発表したニュースリリースからもその断腸の思いがひしひしと伝わってくる。

 ワシントンホテルや「ホテル椿山荘東京」などを運営する藤田観光が宴会や結婚式などの会場として知られる大型施設「太閤園」(大阪市都島区)の売却を強いられた。新型コロナ禍で業績が急速に悪化し、20年12月末の自己資本比率が1・2%と債務超過寸前にまで落ち込むなど経営危機が深刻化しているためだ。

 同社ではこれにより21年の第1四半期(1~3月)に特別利益として約329億円の資産譲渡益を計上。債務超過転落を回避したい考えだが、「減損リスクを抱えている有形固定資産が584億円ある」(幹部)としており、予断を許さない情勢だ。


 太閤園はグループ創始者で総帥とされた藤田伝三郎男爵が建てた「網島御殿」など広大な藤田邸をベースに1959年に開業。多数の結婚式場と13の宴会場、レストランなどからなり、敷地面積2・57万平方メートル、建物延べ床面積1・92万平方メートル。グループの象徴であり、その栄耀栄華ぶりをいまに伝える施設でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る