ホテルのサブスクに大手続々参入 手探りスタートも好反応

公開日: 更新日:

 三井不動産などホテル事業を展開する大手各社が、定額料金で複数のホテルを使えるサブスクリプションの宿泊サービスを相次いで打ち出している。新型コロナウイルス流行でテレワークが普及し、働き方や生活スタイルが多様化する中、観光地に滞在しながら働く「ワーケーション」などの需要を狙う。コロナ禍で苦戦する観光や出張に次ぐ新たなニーズの獲得につながるか注目される。

■三井不、JR東、東急

 三井不が始めたのは「サブ住む」。月額15万円の固定料金と1泊500円または2000円の利用料金で、全国35施設を利用できる。JR東日本傘下の日本ホテルは、20万円で30泊できる「ホテル定期券」を発売。うち1泊は高級ホテルの「東京ステーションホテル」か「メズム東京」を使える特典付きだ。

 東急も全国39施設を30泊当たり18万円で使える「ツギツギ」の利用者募集を始めた。同社の担当者は「好きなときに、好きな場所で、自由に暮らしてほしい」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る