「報われる投資法」とは? 世界経済に貯蓄の一部を預ける

公開日: 更新日:

「大手企業に勤める50代の給料ならば、年間100万円の貯蓄は難しくはありません。問題は、この100万円を元手に、どうやって増やしていくか。これは簡単ではありませんね」

 と話すのは、兵庫県在住の会社員、立原亘宏氏(54)。年収は1000万円を大きく上回る。立原家の貯蓄額は2000万円を超えている。2人の子供は大学生と高校生。教育費はかかるが、年間100万円貯蓄は余裕でクリアしている。

 そんな立原氏の悩みは、貯蓄額をどうやって増やすかということ。

「株や投資信託を買えばいいといいますが、どんな銘柄、商品を買えばいいのかはよくわからない。投資の勉強をすればいいのでしょうが、簡単に時間はつくれない。金融機関のセールストークも信用できませんからね。わが家の貯蓄は、今でも定期預金ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る