小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

実航続350km!メルセデス初のコンパクトEV、EQAってどう?

公開日: 更新日:

メルセデス・ベンツ EQA(車両価格:¥6,400,000/税込み~)

 ちまた叫ばれるEVシフト。しかし国に寄って温度差はかなりあり、欧中米ではピュアなバッテリーEV中心だが、日本ではハイブリッド中心に普及が進んでるのが本当だ。

 中でもドイツ勢のEV戦略は積極的で、メルセデスも一昨年のフル電動ミディアムSUV「EQC」を皮切りに、欧州でミニバンEV「EQV」を発表。今回量産クラスもEV化してきた。コンパクトSUVのEQAだ。

 コンパクトという割に日本では1.8mを超える横幅が厳しいが全長4.4m台はなかなか扱いやすい。

 だがEQAの本当のキモは、骨格がガソリン車の譲りなところだ。全長×全幅×全高は4465×1835×1625mmでエンジンSUVのGLAとほぼ同じ。ラグビーボールのような丸みを帯びたフォルムも同様だ。

GLAと変わらないインテリアはラクでいい

 しかし、ルックスの独自色はかなり高い。GLAはライトとグリルが分かれているが、EQAは完全一体化。ブルーの差し色や横繋がりのLEDラインもオリジナルだし、左右が一体化したリアコンビネーションランプも独特。フロントグリルが風をまったく通さないのもEVならでは。

 一方、インテリアはGLAとほぼ変わらない。しかし、10.25インチ×2の超横長ディスプレーにしろ、飛行機のタービンをイメージさせるエアコン送風口にしろ、もともとがハイテクでモダン。EVならではのインパネといわれても納得できるカッコ良さだ。

 なにより、EVといってもアクセルとブレーキとステアリングで操縦するのは一緒で、逆に今のメルセデスに慣れてしまっている人からすると、このインターフェースはラクでいい。特別な操作法は覚えなくていいからだ。

ラゲッジがGLAより明らかに狭い

 ただし、骨格共通のネガ要素もある。66.5kWhという大容量リチウムイオンを搭載しているため、リアシートとラゲッジがGLAより明らかに狭い。電池がフロア後半に集中して配置しているため、後席足元が露骨に高い。

 ラゲッジスペースも同様でGLA比で数10ℓ小さい340ℓ。

 かたや走り味は上々。もともと滑らかさと静粛性の高さを身上とするメルセデスだけあって、良さと個性がますます研ぎ澄まされた感じ。

 モータースペックは190ps&370Nmと特別パワフルではないが、メルセデスらしいネットリとした加速感。ステアリングフィールもキレの良さと重厚感が共存した、らしい味わい。唯一、ブレーキが回生タイプだからかタッチに違和感もあったが、効きは十分。

640万円という価格をどう考えるか?

 残るネックは640万円という価格と、実航続距離350kmという数字だが、距離は絶対的には十分だし、価格も電池容量を考えると高くない。

 なぜなら66.5kWhの容量の電池だけで200万円ぐらいしてもおかしくないからだ。GLAは約500万円スタートだし、それを考えると納得。

 単純にガソリン車代わりと考えると高くて狭いが、近未来のバッテリーEVとして考えると十分リーズナブル。補助金を上手く使えば500万円台で買えそうだし、電動化に興味ある人は一度は考え、試乗していただきたいもの。新しい発見がなにか必ずあるはずだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る