ICH 川岸咨鴻名誉会長<1>若原一郎の“ボーヤ”からスタートし、藤圭子の初代マネジャーに

公開日: 更新日:

 裏金の誘惑、恋の逃避行による3億円の違約金処理……芸能界で壮絶な日々を送ってきたマネジャー歴53年の男が、傘寿に勝負を懸ける。古賀政男門下生で“歌謡舞踊曲の第一人者”である83歳の江河愛司の歌声に、“日本舞踊界の貴公子”で32歳の花園直道が振り付けを施した。その新曲を、“芸能界の生き字引”80歳の川岸咨鴻氏が決死の覚悟で売り込む。

「3人合わせて195歳ですよ(笑い)。今、中学校でダンスが必修科目になっている。洋の要素もいいけど、和も取り入れてほしい。舞踊の“間”を身につけると、キレる子供も減るんじゃないかな。この曲をもとに、文科省に提案しようと思っています」

 長年、萩本欽一関根勤らの所属する浅井企画の専務として辣腕を振るい、現在はICHの名誉会長を務める川岸氏は甲子園春夏通算26回出場の古豪・桐生高校で野球に明け暮れ、1959年に東宝舞台に入社。大道具として働いていた19歳の時、「週刊新潮」で〈歌手・若原一郎の野球部員募集〉という告知を発見した。これが、運命を変えた。

「当時の歌手は地方公演の1回目と2回目の間に、商店街の人たちと草野球をしていた。それも大事な仕事でした。駒沢球場でのテストに150人くらい集まっていたけど、合格した。楽器を運ぶなど“ボーヤ”の仕事もしましたね」

 公演を袖から眺めていると、音楽の魅力に取りつかれた。お下がりのトランペットをもらって練習を重ね2年ほど経つとバンドの一員となった。村田英雄や五月みどりの在籍する新栄プロダクションからもお呼びが掛かり、バックとして軽快な音を鳴り響かせた。

新人時代は誰にも相手にされずつらい日々…

「29歳の時、音楽の才能に限界を感じてね。周りを見渡したら、一番身近な仕事がマネジャーだった。新栄プロで新人タレントを担当して、毎日テレビ局を回るけど、誰も相手にしてくれない。つらい日々でしたよ」

 川岸氏は憂鬱な気持ちのまま、先輩マネジャーの手伝いで番組収録に立ち会っていた。すると、見知らぬ男が「ウチの事務所に来ないか」と声を掛けてきた。作詞家の石坂まさを氏は、デビューを直前に控えた藤圭子のマネジャーを初対面の川岸氏に託したのだ。

「めちゃくちゃでしょ(笑い)。石坂まさをって、そういう人なんですよ。新栄プロの西川幸男社長に退社の意思を伝える時、緊張しました。普段、日本刀で机を叩くような人でしたから。でも、気持ちよく許してもらえました」

 69年9月、藤圭子は〈演歌の星を背負った宿命の少女!!〉というキャッチフレーズを引っ提げ、「新宿の女」でデビューした。

「根性のある子でしたね。スナックなどを一日中回り続ける“新宿25時間キャンペーン”では、デビュー曲を100回近く歌ったんじゃないかな。でも一切、弱音を吐かなかった」

 翌年には「圭子の夢は夜ひらく」で日本歌謡大賞の第1回大賞に輝く。

「『トロフィーよりお金のほうがいいわ』と言ってたな(笑い)。当時にしては珍しく、賞には関心のない子でした。僕の扱いも大きく変わりましたね。テレビ局のプロデューサーが笑顔で近寄ってくるんですよ。人は勝たなきゃいかんと強く思いましたね」

 引く手あまたの川岸氏には、悪魔の手が伸びてくる――。 (つづく)

(芸能研究家・岡野誠)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち