北欧2カ国がNATO加盟申請 ロシアはシュートのつもりが…オウンゴール確定

公開日: 更新日:

 ロシアによるウクライナ侵攻のさなか、プーチン大統領の「オウンゴール」が早くも確定した。陸や海を隔てて北方にあるフィンランドとスウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)加盟を申請し、承認されてしまった。力で自国の安全を得ようとする暴挙に出なければ、こんな失態にはならなかった。

■自らまいた種

 キーウ(キエフ)公国という歴史・文化の源流がある旧ソ連構成国を、NATOに入らせないために侵攻したはずが、地政学的に見るとあだに。北欧2カ国がせっかく中立を保っていたところ、西側の軍事ブロックに加盟する種を自らまいたのだ。

 冷戦期、東西陣営は長大な前線すべてで直接にらみ合うのではなく、欧州に中立的な「緩衝地帯」があることで微妙なバランスが保たれてきた。中欧のスイスやオーストリアがそれだったし、ムーミンで知られる国は2度の戦争を経てソ連に歯向かわない「フィンランド化」政策を取った。スウェーデンはナポレオン戦争後、軍事非同盟を続けていた。

 もちろん、NATOにも問題はある。冷戦が終結してドイツが統一される際、「NATOは東方拡大しない」という「口約束」があったとされる。ところが、ソ連崩壊後のロシアの国力低下に乗じ、旧共産圏の東欧やバルト3国などをのみ込んだ。そこに人口約4000万人のウクライナも入りたいと言ったところで、プーチンの堪忍袋の緒が切れたというのが、侵攻の背景だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声