有森隆
著者のコラム一覧
有森隆経済ジャーナリスト

早稲田大学文学部卒。30年間全国紙で経済記者を務めた。経済・産業界での豊富な人脈を生かし、経済事件などをテーマに精力的な取材・執筆活動を続けている。著書は「企業舎弟闇の抗争」(講談社+α文庫)、「ネットバブル」「日本企業モラルハザード史」(以上、文春新書)、「住友銀行暗黒史」「日産独裁経営と権力抗争の末路」(以上、さくら舎)、「プロ経営者の時代」(千倉書房)など多数。

がん治療薬開発で注目も…東大発の医療ベンチャー「テラ」が破産に至ったワケ

公開日: 更新日:

 東大医科学研究所発の医療ベンチャー「テラ」(東証スタンダード上場)が5日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。東京証券取引所はテラ株を23日に上場廃止にする。負債総額は1億8765万円。

 東大発のベンチャーとして、がん治療薬の開発などで期待されていたが、ここ数年は、ガバナンス(企業統治体制)の不備が露呈し、不祥事や疑惑が相次いだ。20年4月、医療機器開発の「セネジェニックス・ジャパン」(破産手続き中)と業務提携し、新型コロナ治療薬の開発に向けてメキシコで臨床研究を始めると発表。会見にオンラインで登場した鳩山由紀夫元首相は、「成果をあげることを切に望む」と述べた。

 100円台の低空飛行だったテラの株価は6月9日には2175円まで急騰したが、東証が7月に「提携の経過に不明確な情報が混在している」と注意を喚起すると、株価は600円台まで下落。10月、第三者割当増資でセネ社から35億円を資金調達すると発表したことで、株価は一時900円まで戻した。

 その後、メキシコでの臨床研究を含めたものの、あらためて「開示内容に疑義がある」ことが判明。テラは21年8月、社内調査の結果として、「20年4月以降の適時開示情報60件のうち4割が事実と異なっていた」と公表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声