オミクロン新亜種「BA.2.75」はBA.5の免疫が効きにくい…東大チームが衝撃の研究結果

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス第7波の収束が怪しくなってきた──。14日のNHK日曜討論で加藤厚労相は「(新規感染者数について)1週間の平均で見ると一昨日から1を切り、減少している。ただ、今後どうなるかは見ていかなくてはならない」と語ったが、楽観はできない。

 3年ぶりの行動制限のないお盆は人の移動も活発。感染が拡大していてもおかしくない。お盆休みで検査数が少ないため、判明する感染者数が減っている面もあるはずだ。検査が正常化するお盆明けに陽性者数が再び上昇する可能性もある。

■BA.5感染者が再感染の恐れ

 さらに、衝撃なのがオミクロン株の新たな亜種「BA.2.75」についての研究結果だ。東大医科研の佐藤佳教授らの研究グループが査読前の論文として公表した。研究チームが動物実験を行ったところ、BA.5に感染してできた中和抗体のBA.2.75に対する働きは、BA.5と比べて12分の1に低下したという。

「BA.5からBA.2.75へと置き換わりが進めば、第7波の感染拡大が高止まりする恐れがあります。BA.5に感染してできた免疫が効きにくいとなると、BA.5に感染した人もBA.2.75にかかり、感染者数が膨れ上がる可能性があります」(西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏=感染症学)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟