さとゆめ 嶋田俊平社長(1)「700人の村がひとつのホテルに」で実現した地方創生の成功モデル

公開日: 更新日:

 さとゆめは、地方創生のトップランナーとして、今や全国の自治体から引っ張りだこのコンサルティング会社だ。

 一般的な地域創生コンサルティングは、課題解決につながる計画や戦略を練り上げ、それを報告書に落とし込めば完了となる。それをどのような形にしていくかはそれぞれの自治体次第ということになる。

 しかし、事業化の経験不足や人材不足によって、計画倒れになってしまう自治体は少なくない。

 そのような例を見てきた嶋田は、独り立ちして事業の運営ができるようになるまでをサポートする“伴走型コンサルティング”を独自に始めた。

 その中でも、地方創生の成功モデルとして注目されているのが、2019年、山梨県小菅村にオープンした分散型ホテル「NIPPONIA 小菅 源流の村」である。

 公共交通機関が1日3~4往復のバスのみという過疎の村でありながら、1泊2食付きで3万円~という客単価で勝負をかけた。

「小菅村の場合、アクセスに難があるため、稼働率3~4割に設定しなければやっていけないという事情もあります」と、嶋田は語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差