自民派閥“パー券裏金”疑惑 安倍派議員の秘書らを東京地検特捜部が任意聴取していた

公開日: 更新日:

 自民党派閥の政治資金パーティーをめぐる問題で、東京地検特捜部が、キックバックを受け、裏金づくりをしていたとされる安倍派「清和政策研究会」の所属議員の秘書らから任意で事情聴取をしていたことがわかった。6日複数のメディアが報じた。

 特捜部はこれまで、収支報告書作成の経緯などについて各派閥の事務方から事情聴取を行ってきたが、新たにキックバックを受けていたとされる安倍派議員の秘書らからも任意で事情聴取したという。

 安倍派では、派閥からの還流で複数の議員が昨年までの5年間で1000万円以上を受領。さらに数千万円を受領した議員もいることが判明した。特捜部は、政治資金規正法違反(不記載・虚偽記入)の疑いで、資金の流れなどについて捜査。受領額が突出した議員を洗い出し、13日の国会閉会後、一斉に聴取する見通しだ。

 一方、安倍派に強い影響力を持つ森喜朗元首相と同派幹部の西村経済産業相、世耕参院幹事長が5日夜、都内のホテルで2時間半ほど会食した。特捜部が本気で捜査に乗り出したことを受け、疑惑に対する対応を協議したとみられる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク