共和党予備選でトランプ氏連勝のご機嫌…いよいよ迫られる日本の「もしトラ」への覚悟

公開日: 更新日:

 今年11月の米大統領選に向け、共和党予備選の第2戦が23日、ニューハンプシャー州で行われ、トランプ前大統領(77)が連勝した。初戦のアイオワ州で2着だったデサンティス・フロリダ州知事(45)が撤退したため、事実上の一騎打ちとなっているヘイリー元国連大使(52)を下し、トランプは満足げ。「彼女には、ひどい夜になったね」と皮肉った。

 ヘイリーは撤退せず、地元サウスカロライナ州での雪辱を期す。今回、無党派層がヘイリーに投票したとみられ、得票差は事前の世論調査に比べ縮まった。ヘイリーに逆転の可能性はあるのか。

「ヘイリー氏が勝てそうなのが白人が多く、北東部リベラル州のニューハンプシャーでした。このチャンスを逃したことで、共和党はほぼトランプ氏に決まったと言っていい。ヘイリー陣営はお通夜状態で、あとはいつ撤退するかです」(上智大教授・前嶋和弘氏=現代米国政治)

 民主党も非公認ながら23日、ニューハンプシャー州で予備選が始まり、現職のバイデン大統領(81)が圧勝した。高齢批判がありながらも、党内の混乱回避で民主党はバイデン「一択」。11月の本選は再びのバイデンVSトランプとなる確率がさらに高まっている。

 この2人の戦いなら、現下の世論調査ではトランプ優勢だ。最新の世論調査の平均値を見ても、トランプが全体で3.8ポイント上回り、勝敗を左右する重要6州(ネバダ、アリゾナ、ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシン、ジョージア)のうちペンシルベニアを除く5州で、トランプが2~6ポイントリードしている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める