小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

レクサスLMはあり得ない贅沢ミニバン!リアシートは2座限定で48インチモニター付き

公開日: 更新日:

レクサス LM(車両価格:¥15,000,000/税込み~)

 正直、一般人にはほぼ無関係だが、それでも超絶気になる規格外ゴージャスミニバンに乗ってきた。

 それはレクサスLMエグゼクティブ。簡単に言うと現役最高峰のゴージャスミニバン、トヨタ アルファード エグゼクティブ ラウンジをベースにレクサス流に仕立て直したもの。最大の特長は運転席後方が完全にパーティションで仕切られ部屋になっていることで、さらにリアシートは2座限定。ついでにパーティションには48インチの超巨大横長モニターが付くからたまらない。 

 まさに走るビジネスクラスシートどころか「走る個室」なのが最大のキモ。価格も凄くて、今回乗ったパーティション付きLMエグゼクティブが2000万円で、仕切りのない豪華な4座のバージョンLが1500万円。現行アルファードのエグゼクティブ ラウンジがほぼ850万円だから、前車はお値段ほぼ倍以上だ。

2代目LMはエクステリアを全面刷新

 まずはエクステリアからして圧巻。今回のLMは2代目で、初代は中国をはじめアジアで売られていたが、実質アルファードの前後マスクをイジり、内装を豪華にした程度だった。

 しかし2代目LMは全面的に作り直され、骨格はアルファード譲りだが、外板はルーフ以外はすべてレクサスオリジナルで、ドアに関しては軽量アルミ化。顔つきはよりエレガントかつ優美にレクサス流に仕立てられ、なおかつボディとの一体感もある。

 サイズもひと回り大きくなっており、全長5125×全幅1890mmと、アルファードより13cm長く4cm幅広い。

 パワートレインもアルファードはハイブリッドの2.5ℓTHSⅡがメインだったが、LMは2.4ℓターボ+6速のハイブリッドで、システム出力は371馬力とパワフル。モード燃費はリッター13km台と少し落ちるが、その分走りのキモチ良さとパワー感は断然上だ。

 何よりもリアの極上の乗り心地とおもてなし性だ。シートはおそらくアルファードより大きく、表皮はレクサス車だけに許された上質なめし革のL-ANILINE本革。折り畳みテーブルはなんと硬質感に満ちたマグネシウム性で、天井は上質なスウェード表皮で全面覆われる。アルファードでも凄かったが、まだその上の世界があったのか……という。

 48インチモニター付きパーティションの骨組みもまた一部マグネシウム製で、軽量かつボディ剛性アップにも効いている。

いまだかつてない「究極の移動空間」

 走り出すと、しなやかさと同時にしっかり感が両立しており、なぜなら足周りにはリニアソレノイド式アクチュエーターと周波数感応バルブ併用の「周波数感応バルブ付AVS」(電子制御サス)をレクサス初採用。

 低速ではタイヤノイズを抑え、高速ではボディの大きな揺れを吸収する。

 車内音はアルファード以上に静かで、フロントや左右ウィンドウ、パーティションに遮音に優れたアコースティックガラスを使い、床下にはフロアカーペットとは別体のフロアサイレンサーも設定し、静粛性アップ。同時に音の適度な反射を許容し、部屋の広がりを感じさせる工夫までしてある。まさに今までにない移動する部屋なのだ。

 さらにLMエグゼクティブは、後席前にシャンパンボトルが3本入る冷蔵庫を標準装備。後席で美女と映画を見ながら一杯やりながら過ごせる究極の移動空間に仕上がっている。

 つくづく現代のリッチマンが羨ましい……と思った次第だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質