都議会はまるでマンガ それでも猪瀬知事が辞めない“理由”

公開日: 更新日:

 ここまでくると、数少ない猪瀬支持派も「もういい加減に辞めろよ」と言いたくなるのではないか。とにかく、連日の都議会の追及に猪瀬都知事の弁明の見苦しいこと。醜態をさらし、それで疑惑が晴れるならともかく、泥沼にはまる一方のみっともなさ。この男はなぜ辞めないのかが不思議だ。

 16日の都議会総務委員会は、中断や休憩を挟みながら延々9時間50分に及んだ。この間、猪瀬は一方的に攻め立てられていたのだが、醜態を象徴したのがカバンである。

 公明党の長橋桂一都議が昨年11月20日に議員会館で札束を受け取った状況を質問。猪瀬は「紙袋に入った状態で普段から使っている自分のカバンに入れた」「思ったより大きくないな、と思った」と証言した。

 そこで長橋が「そのカバンは今日も持ってきているか」と畳み掛け、猪瀬が「ある」と答えたものだから、「それなら見せろ」となったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る