• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「政治のアマだった」…猪瀬知事、やっと辞任も疑惑ウヤムヤ

 猪瀬直樹都知事が19日午前10時半、都庁内で会見を開き、「説明責任を果たすべく努力してきたが、私に対する疑念を払拭するには至りませんでした」と辞任を表明した。

 猪瀬知事は冒頭、原稿を読み上げる形で「五輪を成功させるためには、このまま都政を停滞させるわけにはいかなかった」と今回の辞任に至った経緯を説明。だが、自身の疑惑について聞かれると、「借金は選挙のためで、落選を考えると生活が不安だった」と従来の主張を繰り返した。その一方、今後のことについては「これからは作家として情報発信したい」とすがすがしい顔で語り、最後まで、“非常識”さを露呈した。会見では辞任に至った感想、詳しい経緯なども聞かれたが、噴飯弁明のオンパレード。

「政治家ではないアマチュアのボクが都知事になったこと自体が異例で、不用意にカネを借りてしまった。辞めるしかないなと思った。物の考えが至らず、やや傲慢になっていたと反省している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る