また“お友達”人事 フィリピン大使に「自衛隊幹部」急浮上

公開日:  更新日:

 安倍政権がまた“お友達”人事を画策中だ。今度は次期フィリピン大使で、ナント、28日付で退職する海上自衛官の起用が急浮上しているという。

 これまでに、防衛省の背広組が大使になることはあっても、自衛隊の制服組が就任したことは一度もない。シビリアンコントロールの観点から検討されてこなかったのだろうが、右傾化政権はそんな配慮もお構いなしだ。

「フィリピン大使への転身が噂されているのは、海自・佐世保地方総監の吉田正紀氏(57)です。どうやら今回の大使人事は、安倍首相―斎木外務次官ラインの個人ルートで進められていて、防衛省では『寝耳に水』と大騒ぎになっています。フィリピンは南シナ海の領土問題で中国と争っている。そんなところに“元軍人”大使が就任するなんて、中国にケンカを売るつもりでしょうか」(霞が関関係者)

■国防族と太いパイプ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る