日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米大統領選に出馬検討 一族から3人目「弟ブッシュ」の評判

 少し気の早い話だが、2016年の次期米大統領選では「クリントンVSブッシュ」の大激突が再現しそうだ。

 とはいえ、その当事者は民主党のヒラリー・クリントン(66)と共和党のジェブ・ブッシュ(61)である。今週、ブッシュが出馬の検討を始めたことを明らかにしたのだ。

 ヒラリーはともかく、ジェブの方は日本での認知度は低いが、父は第41代大統領のパパ・ブッシュ(89)で、長兄は同43代の子ブッシュ(67)というセレブな家柄。つまり、ジェブは、「弟ブッシュ」としてブッシュ家3人目の大統領を狙っているのだ。

「米国の名門テキサス州立大学オースティン校を卒業した秀才で、銀行勤務を経て98年にフロリダ州知事に当選しました。とにかく、全米での知名度は抜群で、ワシントン・ポスト紙の調査でも、共和党の本命候補のひとりに浮上しています」(米在住のジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事