「まるで70代」の声も ケネディ大使がシワシワなのはなぜ?

公開日: 更新日:

「ずいぶんシワが多い」――。駐日大使に就任したキャロライン・ケネディ氏を見てこう思った人もいるだろう。

 キャロラインは1957年生まれ、今月27日で56歳になる。オバサン世代ではあるが、それにしても顔のシワが目立つ。口の悪いOLからは「まるで70代の老婆」なんて声も上がっているほどだ。

 ハーバード大大学院の留学経験がある医学博士の左門新氏によると、米国の女性は日本女性に比べて老化が目立つという。日本女性は若いころから化粧水などで肌の手入れを念入りに行うが、米国女性の多くはスッピンを通すため肌が荒れるのだ。

 また、米国女性の多くは顔の産毛を剃る習慣がないため産毛が顔に陰影をつくり、シワが強調されることもあるという。

「それでもキャロラインさんのシワは目立ちます。考えられるのは彼女がセレブだからです。顔をツヤツヤにするコラーゲンは鶏肉や牛の腸に多く含まれ、ステーキみたいな高級肉には少ない。ステーキばかり食べているうちにコラーゲン不足になり、肌が潤いを失ったとも考えられるのです。痩せているのも大きい。皮下脂肪が少ないため、余計シワが目立つのかもしれません」(左門新氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る