「まるで70代」の声も ケネディ大使がシワシワなのはなぜ?

公開日:  更新日:

「ずいぶんシワが多い」――。駐日大使に就任したキャロライン・ケネディ氏を見てこう思った人もいるだろう。

 キャロラインは1957年生まれ、今月27日で56歳になる。オバサン世代ではあるが、それにしても顔のシワが目立つ。口の悪いOLからは「まるで70代の老婆」なんて声も上がっているほどだ。

 ハーバード大大学院の留学経験がある医学博士の左門新氏によると、米国の女性は日本女性に比べて老化が目立つという。日本女性は若いころから化粧水などで肌の手入れを念入りに行うが、米国女性の多くはスッピンを通すため肌が荒れるのだ。

 また、米国女性の多くは顔の産毛を剃る習慣がないため産毛が顔に陰影をつくり、シワが強調されることもあるという。

「それでもキャロラインさんのシワは目立ちます。考えられるのは彼女がセレブだからです。顔をツヤツヤにするコラーゲンは鶏肉や牛の腸に多く含まれ、ステーキみたいな高級肉には少ない。ステーキばかり食べているうちにコラーゲン不足になり、肌が潤いを失ったとも考えられるのです。痩せているのも大きい。皮下脂肪が少ないため、余計シワが目立つのかもしれません」(左門新氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る