「まるで70代」の声も ケネディ大使がシワシワなのはなぜ?

公開日:  更新日:

「ずいぶんシワが多い」――。駐日大使に就任したキャロライン・ケネディ氏を見てこう思った人もいるだろう。

 キャロラインは1957年生まれ、今月27日で56歳になる。オバサン世代ではあるが、それにしても顔のシワが目立つ。口の悪いOLからは「まるで70代の老婆」なんて声も上がっているほどだ。

 ハーバード大大学院の留学経験がある医学博士の左門新氏によると、米国の女性は日本女性に比べて老化が目立つという。日本女性は若いころから化粧水などで肌の手入れを念入りに行うが、米国女性の多くはスッピンを通すため肌が荒れるのだ。

 また、米国女性の多くは顔の産毛を剃る習慣がないため産毛が顔に陰影をつくり、シワが強調されることもあるという。

「それでもキャロラインさんのシワは目立ちます。考えられるのは彼女がセレブだからです。顔をツヤツヤにするコラーゲンは鶏肉や牛の腸に多く含まれ、ステーキみたいな高級肉には少ない。ステーキばかり食べているうちにコラーゲン不足になり、肌が潤いを失ったとも考えられるのです。痩せているのも大きい。皮下脂肪が少ないため、余計シワが目立つのかもしれません」(左門新氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る