「誤差」1兆円超 経常収支「5カ月ぶり黒字」のマヤカシ

公開日:  更新日:

 8日に財務省が発表した2月の国際収支速報で、経常収支が5カ月ぶりに黒字になった。これを受けて、大新聞は「所得収支の黒字が貿易赤字をカバー」「輸出も回復の兆し」などと報じていたが、本当にそうか? というのも、今回の統計は「誤差」があまりに大きいのだ。

 2月の国際収支の数字を詳細に見ると、経常収支が6127億円の黒字、金融収支は7319億円の赤字、資本移転等収支が42億円の赤字で、その他に「誤差脱漏」としてマイナス1兆3403億円が計上されている。かなりの金額だが、「誤差脱漏」って何なのか。国際収支統計を発表している財務省はこう説明する。

「海外との総合的な取引状況を表す『収支』は理論上、『経常収支+資本移転等収支-金融収支=ゼロ』になります。ただ、中には通関しない取引もあって、すべての取引を把握しているわけではないので、どうしても誤差が生じる。それで、統計作成上の誤差を調整する項目として設けられたのが『誤差脱漏』です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る