ネットで資金調達 夢を叶える「クラウドファンディング」

公開日: 更新日:

 いま、「クラウドファンディング」という言葉が注目を集めている。アメリカ発祥のネットを利用した資金調達法だ。日本でもiPS細胞の山中伸弥教授や、去年、80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏が利用するなど、ジワジワと浸透中だが、ビジネスマンが利用する条件は?

■米国では10億円規模のプロジェクトが

 一昨年10月にノーベル生理学・医学賞を受賞した京大の山中伸弥教授。受賞の約8カ月前に、マラソン完走を公約にネットで研究費の寄付を募っていたのを覚えているだろうか。結果は見事完走し、1000万円以上を集めた。

 山中教授が利用したのが「クラウドファンディング」。ネットを通じて群衆(クラウド)から資金調達(ファンディング)するという意味で、金銭の見返りがある「投資型」、見返りが一切ない「寄付型」、物や権利がもらえる「購入型」に分けられる。山中教授が利用したのは寄付型。プロスキーヤーの三浦雄一郎氏も、この寄付型クラウドファンディングでエベレスト登山の資金を集めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  5. 5

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  8. 8

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  9. 9

    完全アウトな国家の私物化 安倍政権は桜を見る会で詰んだ

  10. 10

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る