• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネットで資金調達 夢を叶える「クラウドファンディング」

 いま、「クラウドファンディング」という言葉が注目を集めている。アメリカ発祥のネットを利用した資金調達法だ。日本でもiPS細胞の山中伸弥教授や、去年、80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏が利用するなど、ジワジワと浸透中だが、ビジネスマンが利用する条件は?

■米国では10億円規模のプロジェクトが

 一昨年10月にノーベル生理学・医学賞を受賞した京大の山中伸弥教授。受賞の約8カ月前に、マラソン完走を公約にネットで研究費の寄付を募っていたのを覚えているだろうか。結果は見事完走し、1000万円以上を集めた。

 山中教授が利用したのが「クラウドファンディング」。ネットを通じて群衆(クラウド)から資金調達(ファンディング)するという意味で、金銭の見返りがある「投資型」、見返りが一切ない「寄付型」、物や権利がもらえる「購入型」に分けられる。山中教授が利用したのは寄付型。プロスキーヤーの三浦雄一郎氏も、この寄付型クラウドファンディングでエベレスト登山の資金を集めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る