ネットで資金調達 夢を叶える「クラウドファンディング」

公開日:  更新日:

 いま、「クラウドファンディング」という言葉が注目を集めている。アメリカ発祥のネットを利用した資金調達法だ。日本でもiPS細胞の山中伸弥教授や、去年、80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏が利用するなど、ジワジワと浸透中だが、ビジネスマンが利用する条件は?

■米国では10億円規模のプロジェクトが

 一昨年10月にノーベル生理学・医学賞を受賞した京大の山中伸弥教授。受賞の約8カ月前に、マラソン完走を公約にネットで研究費の寄付を募っていたのを覚えているだろうか。結果は見事完走し、1000万円以上を集めた。

 山中教授が利用したのが「クラウドファンディング」。ネットを通じて群衆(クラウド)から資金調達(ファンディング)するという意味で、金銭の見返りがある「投資型」、見返りが一切ない「寄付型」、物や権利がもらえる「購入型」に分けられる。山中教授が利用したのは寄付型。プロスキーヤーの三浦雄一郎氏も、この寄付型クラウドファンディングでエベレスト登山の資金を集めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る