ドコモ抜きでSBが業界トップへ 始まった逆転劇ラッシュ

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの孫正義社長(56)は14年3月期決算発表で、本業の儲けを示す営業利益が初めて1兆円を超えたと喜びをあらわにした。「いずれトヨタを抜き圧倒的な1位になる」と意気込んだが、そのトヨタは8日、決算を発表。営業利益は2兆2921億円と、ソフトバンクの2倍以上で着地した。格の違いを見せつけた格好だ。

 ただソフトバンクは純利益で、ライバルのNTTドコモを初めて抜いた。売上高、営業利益、時価総額のいずれもドコモを上回り、業界トップに躍り出たのだ(別表参照)。

「アベノミクスによって、日本経済は混迷し、大手企業も対応に苦慮しています。一歩、戦略を間違えれば、売り上げが激減し、株価も低迷します。ソフトバンクとドコモのように業界の首位が次々と交代する可能性があります」(経済ジャーナリストの真保紀一郎氏)


■注目はセブン&アイVSイオン、楽天VSヤフー

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る