ドコモ抜きでSBが業界トップへ 始まった逆転劇ラッシュ

公開日:  更新日:

 ソフトバンクの孫正義社長(56)は14年3月期決算発表で、本業の儲けを示す営業利益が初めて1兆円を超えたと喜びをあらわにした。「いずれトヨタを抜き圧倒的な1位になる」と意気込んだが、そのトヨタは8日、決算を発表。営業利益は2兆2921億円と、ソフトバンクの2倍以上で着地した。格の違いを見せつけた格好だ。

 ただソフトバンクは純利益で、ライバルのNTTドコモを初めて抜いた。売上高、営業利益、時価総額のいずれもドコモを上回り、業界トップに躍り出たのだ(別表参照)。

「アベノミクスによって、日本経済は混迷し、大手企業も対応に苦慮しています。一歩、戦略を間違えれば、売り上げが激減し、株価も低迷します。ソフトバンクとドコモのように業界の首位が次々と交代する可能性があります」(経済ジャーナリストの真保紀一郎氏)


■注目はセブン&アイVSイオン、楽天VSヤフー

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る