雲行き怪しい「日朝協議」 本当に拉致被害者は帰ってくる?

公開日:  更新日:

 結局、大勢の記者は安倍首相のパフォーマンスに付き合わされるだけなのか? そう思わされたのが7月1日北京で行われた日朝協議だ。取材記者だけで100人以上。北京駐在記者はもちろん、大阪、東京、さらには北海道からの記者もいる。ソウルからもやってきた。

 しかし、ぶら下がり会見に現れた伊原純一外務省アジア大洋州局長は疲労困憊で、会見内容も中身なし。午前2時間、午後2時間半の合計4時間半も協議をしたのに、「ミサイルの発射は遺憾であると抗議した」「宋日昊大使から調査委員会の構成、役割、責任体制などについて丁寧に話を聞いた」と言う程度。あとは何を聞いても「東京に帰ってから」「総理に報告してから」と繰り返すのみで、結局、わかったのは「今回の協議では特別委員会はまだ発足していない」「経済制裁の解除はまだ行っていない」「次回協議の日程はまだ決まっていない」ことくらいなのである。これじゃあ、記者団は肩透かしもいいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る