• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

助成金流用ドロン 生島ヒロシも利用していたDIO美人社長

 雇い止めや給与の遅配など、次から次へと問題が発覚しているコールセンター運営会社「DIOジャパン」。被災地での事業展開を理由に巨額の助成金をもらっていただけに大きな注目を集めているが、「DIO」の美人社長、本門のり子氏(50)はちゃっかり、有名人の“顔”も利用していた。

 フリーアナウンサーの生島ヒロシ氏(63)だ。生島氏は自身も東日本大震災当日に仙台市で被災した上、妹夫婦を津波で亡くしている。出身地である気仙沼市を中心に、被災地の復興に取り組んできた。
 本門氏は、そんな生島氏に目をつけ、テレビでの共演をきっかけに接近。その後、生島氏を顧問に据え、気仙沼コールセンターの開設にこぎつけた。
 同コールセンターは80席で、12年9月21日に設立、13年10月1日に業務を開始。設立初年度に66人を雇用し、約8600万円の助成金を受けた。だが、14年6月2日に支給されるはずの4月分の給料の遅配が発生。7月11日時点の従業員は31人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る