日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

どこへ消えた…辞任直後に音信絶えた小渕家“金庫番”の消息

“金庫番”はどこに消えたのか。経産相を辞職した小渕優子衆院議員(40)のデタラメな政治資金問題で、カネの流れを知るとされる地元・群馬県中之条町の折田謙一郎町長(66)。町長の辞職願を提出した20日午前に取材を受けたのを最後に雲隠れし、臆測を呼んでいる。

 折田氏は、父の恵三氏の代から優子氏まで30年以上にわたって小渕親子の秘書を務めたベテラン。「私が(優子氏の)会計をチェックし、報告書を作成し、提出した」と名乗り出て、辞表を提出した。

 小渕優子氏の政治資金収支報告書の「会計責任者」や「作成担当者」などに名前がある5人は、一部報道に「作ったことはない」「知らない」と語っていて、疑惑には“ノータッチ”とみられるが、折田氏は小渕氏の後援会の報告書作成担当者として、少なくとも05~10年分には名前がある。失踪直前には「周囲が騒がしくなるので、職務ができなくなる」と漏らしていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事