日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発泡酒、軽自動車…庶民から搾取する「安倍成長戦略」の冷酷

 懐の寒い人々にはとてものめない話だ。政府・与党が、発泡酒と第3のビールの大幅増税を打ち出した。「貧乏人の楽しみを奪うな!」と叫びたくもなるが、この方針は安倍首相が成長戦略のアピールに用いる「イノベーション」にも逆行する。

「今回の発泡酒増税は、企業の活力をそぐものです。日本のビールメーカーは、増税のたびに試行錯誤しながら研究・開発を重ね、ホップを使わずに、ここまでビールに近い味をつくり出したのです。これこそが本当の『イノベーション』で、その努力を水泡に帰すなんてアベコベです」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)

 政府・与党は、「ビール」「発泡酒」「第3のビール」の税額を一本化する方針。1缶(350ミリリットル)で、ビールの酒税は約22円引き下がるが、発泡酒は約8円、第3のビールは現行の2倍に当たる約27円の増税となる。ビール系飲料の税収は約9000億円(13年度)。政府は税収規模は変えないというが、ビールに手を伸ばせない庶民には大打撃だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事