発泡酒、軽自動車…庶民から搾取する「安倍成長戦略」の冷酷

公開日:  更新日:

 懐の寒い人々にはとてものめない話だ。政府・与党が、発泡酒と第3のビールの大幅増税を打ち出した。「貧乏人の楽しみを奪うな!」と叫びたくもなるが、この方針は安倍首相が成長戦略のアピールに用いる「イノベーション」にも逆行する。

「今回の発泡酒増税は、企業の活力をそぐものです。日本のビールメーカーは、増税のたびに試行錯誤しながら研究・開発を重ね、ホップを使わずに、ここまでビールに近い味をつくり出したのです。これこそが本当の『イノベーション』で、その努力を水泡に帰すなんてアベコベです」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)

 政府・与党は、「ビール」「発泡酒」「第3のビール」の税額を一本化する方針。1缶(350ミリリットル)で、ビールの酒税は約22円引き下がるが、発泡酒は約8円、第3のビールは現行の2倍に当たる約27円の増税となる。ビール系飲料の税収は約9000億円(13年度)。政府は税収規模は変えないというが、ビールに手を伸ばせない庶民には大打撃だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る