戦後70年 安倍首相が火種になる中韓衝突と経済破綻

公開日: 更新日:

 庶民にとって2015年は激動の一年となるに違いない。

「戦後70年」の15年は、中国、韓国との関係が決定的になりかねない。最悪、一触即発の事態に発展する恐れもある。

「中国、韓国は“歴史修正主義者”の安倍首相を抑え込むためにも、抗日勝利70周年のセレモニーを大々的に開催する予定です。問題は、安倍首相がどう対応するか。右派勢力に煽られて“村山談話”や“河野談話”に代わる“安倍談話”を発表し、戦前の日本を美化しかねない。その時、反発した中国の漁船などが尖閣周辺でコトを起こしたら、日本も黙ってはいられず、本当に“局地戦”に発展してしまう。対中国、対韓国で大きく揺さぶられる一年になるはずです」(外務省関係者)

 と同時にヤバイのは、世界経済が音を立てて崩れ始めていることだ。産油国は急速に景気を悪化させ、ギリシャは再び債務問題が浮上、中国はバブル崩壊の危機に瀕している。ただでさえアベノミクスの失敗にあえいでいるのに、世界経済が破綻したら日本はひとたまりもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る