• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まさかの続投宣言? ソニー平井社長に市場が大ブーイング

 何をトボケたことを言っているのか――。ソニーの平井一夫社長(54)に対するブーイングが市場で渦巻いている。

「ソニーはトップ交代で生き残りをかけるべきなのに、平井社長は米ラスベガスで行われる家電見本市の会見で続投宣言とも受け取れる発言をしたから驚きです」(市場関係者)

 平井社長は、「15年度以降も、未来の成長コースに乗せることを約束する」と言っただけだが、これを社長続投の意思表示と受け取った関係者が大勢いたのだ。

「トップ交代が浮上している時期だけに、市場は敏感になっています。14年3月期は1200億円を超える最終赤字で、15年3月期も2300億円の大幅赤字が想定されています。しかも、この間にクビ切りなどのリストラを実施し、社員に苦痛を強いた。トップ交代で社内の雰囲気を一新するべきでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る