専門家も指摘 安倍首相に“使途不明金”ゴマカシ疑惑

公開日: 更新日:

「ガリガリ君」や1人前のラーメン代まで事務所費に消える――。安倍首相の資金管理団体「晋和会」の非常識な金銭感覚には呆れるばかりだが、情報公開請求で入手した大量の少額領収書を見ていると、さまざまな疑問が浮かんでくる。

 晋和会が2010~12年の3年間に事務所費の「その他の支出」として計上した金額は、総額306万7034円。うち、保管していた1件当たり1万円未満の領収書の数は、ざっと1000枚を超える。1日約1枚というハイペースだ。

 少額領収書の内容を精査していくと、“ひとり飯”やおやつ代のほか、高速道路のサービスエリアでお茶数本を購入した分や、議員会館内の食堂での会食費、都内の居酒屋での飲食代、果ては大阪の居酒屋や、なぜか三重・四日市の居酒屋の領収書まで出てくる。手当たり次第に領収書をカキ集めてきた印象すら受ける。

 全国の政治団体を所管する総務省は、事務所費について「事務所の維持に通常必要とされるもの」と定義している。事務所の家賃や電話代、各種保険料、切手購入費などがそれに当たる。おやつ代やランチ代が事務所費に当たるとは、到底思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  6. 6

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る