五輪が潰す「東京湾大華火祭」 自治体失う経済効果は370億円

公開日: 更新日:

 夏の風物詩が大ピンチだ。毎年8月に行われる花火大会「東京湾大華火祭」が、来年夏から東京五輪開催の2020年まで休止する可能性が濃厚となっているのだ。

 主催者の中央区によると、「花火大会会場の晴海地区に、五輪選手村が整備されるので休止せざるを得ない」(区民部地域振興課)という。東京湾大華火祭は1988年に始まり、今年の8月8日で27回目になる。昨年は台風で中止だったが、1万2000発の花火を見るために、例年約70万人が集まる。そんな大規模な花火大会が5年間も休止となると、気になるのはその経済効果。中央区は、経済効果を「約74億円」(同)と試算しているから、5年間で実に370億円にも上る。五輪計画で「夏の風物詩」が潰されてしまっていいのか。

「メーンスタジアムの莫大な建設費に気を取られるばかりで、国や都は細かい部分にまるで目がいっていないように見えます。計画の遂行に躍起になるあまり、花火大会を中止にし、370億円という大きな経済効果をみすみす潰しているのだから、呆れるしかありません。また、五輪終了後は景気の急激な落ち込みが予想されています。そんな状況下、5年間の“ブランク”を経てスンナリと再開できるのでしょうか。今後、同じような弊害が続出する可能性もあります」(経済ジャーナリストの荻原博子氏)

 東京の名物花火も今年で見納めになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る