国民を愚弄しすぎた安倍政権 反対運動の怒りは拡大の一途へ

公開日:  更新日:

 衆院の特別委員会で安保法案が強行採決された15日、国会周辺は一日中、騒然としていた。数十台の警察車両が国会を取り囲み、防護柵で進路がふさがれる中、夜になっても抗議のプラカードを手にした人が続々と集まる。国会前は歩道から人があふれるほどの熱気で、「戦争法案、今すぐ廃案」「国民なめんな、勝手に決めるな」などの声が響き渡る。その数は2万5000人を超えた。

「戦争は嫌だ」という世論の悲痛な声をマトモに受け止めることなく、法案成立を急ぐ安倍政権に対し、国民の怒りは沸点に達している。金沢や広島、那覇など全国各地で、国会前と同様の抗議行動が繰り広げられた。ペテン首相の説明を聞けば聞くほど、国民は不安になるのだから当然だ。

 だが、安倍官邸は「3連休を挟めば、国民は忘れる」などとうそぶいているという。怒りの行動はこの先、しぼんでしまうのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、こう言って官邸の見方を否定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る