うちわ問題で炎上 松島元法相は“トレードマークの赤”封印?

公開日:  更新日:

「うちわ問題」で火ダルマになり、当選4回でつかんだ大臣の座を、わずか2カ月でパーにした松島みどり元法相(59=東京14区)。公選法違反容疑で告訴されたが、東京地検特捜部は1月、嫌疑不十分で不起訴処分に。目立ちたがり屋で知られる割に動向が聞こえてこない。ナニしてるの?

 松島は衆院外務委などに所属しているが、一度も質問に立っていない。ホームページは1年以上ほったらかしで、フェイスブックなども開店休業状態だ。

 議員会館の事務所も固く閉ざされていた。インターホンを鳴らすと、15センチほどドアが開き、女性スタッフが顔をのぞかせた。取材を申し込むと「議員も政策秘書も不在ですし、お受けするのは難しいかと……」。名刺を手渡して立ち去ろうとしたら、背後から松島の低~い声が。

「だから……そうそう、そういうことなの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る