• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

うちわ問題で炎上 松島元法相は“トレードマークの赤”封印?

「うちわ問題」で火ダルマになり、当選4回でつかんだ大臣の座を、わずか2カ月でパーにした松島みどり元法相(59=東京14区)。公選法違反容疑で告訴されたが、東京地検特捜部は1月、嫌疑不十分で不起訴処分に。目立ちたがり屋で知られる割に動向が聞こえてこない。ナニしてるの?

 松島は衆院外務委などに所属しているが、一度も質問に立っていない。ホームページは1年以上ほったらかしで、フェイスブックなども開店休業状態だ。

 議員会館の事務所も固く閉ざされていた。インターホンを鳴らすと、15センチほどドアが開き、女性スタッフが顔をのぞかせた。取材を申し込むと「議員も政策秘書も不在ですし、お受けするのは難しいかと……」。名刺を手渡して立ち去ろうとしたら、背後から松島の低~い声が。

「だから……そうそう、そういうことなの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事